ケノン知恵袋

ケノンってイボに使ってもいいの!?3つのリスクと対策方法はこれ!!

更新日:

→【公式サイト】ケノンの最安値28%OFFはこちら

家庭用脱毛器ケノンを使うときに気を使うことと言えば、シミやイボやホクロなどに照射していいのかどうか

そこで、今回は『イボやホクロにケノンを使うと火傷などのリスクがあるのか?』『使うときにやってはいけないこと』などをお伝えしていきます!  

イボは色によって使えるか使えないかが決まる!

ケノンは光脱毛方式で特殊な光が出力され、それにより脱毛効果が得られるのですが、その光は黒い部分(メラニン)に反応して、毛根にダメージを与えるしくみとなっています。

これを何度も繰り返すことで、毛の成長が抑制されて脱毛できるというわけです。

例えば、ホクロにはメラニン色素がたくさん固まっているので、過剰反応してしまい火傷する可能性が高くなってしまいます。

そもそもイボというのは、皮膚が固まって出来たものです。

私も目のわきにイボがあって、皮膚がポコッと盛り上がっているやっかいなやつです (  )

イボは基本的には着色はないです。

ケノンは黒い部分に反応して脱毛するので、着色がなく肌と同じ色であれば基本的に照射しても問題ないです。

ですが、色素沈着で色が変わっていまい、濃い茶色~黒がかったものは注意が必要です。

先ほど、黒いものに反応すると言いましたが、黒いイボはホクロ同様に過剰反応する可能性が高いです。

そのため、以下のようなリスクを伴うことがあります。

  • 火傷
  • イボが余計に悪化
  • 怪我をして痕が残る

聞いただけで怖くて直接照射出来なくなりますね。(泣)

痛い思いをしないためにも、黒いイボに直接照射するのは絶対にやめましょう。 

黒くなっていないイボであれば直接でも大丈夫です。 

黒いイボ・ホクロに照射するときの対策方法は?

黒いイボを避けて脱毛をすると、周りの毛がしっかり脱毛できずムラが出来てしまいますよね。

でもちゃんと対策をすれば、黒いイボにもケノンを使るので大丈夫です!

もちろんホクロも同様に、この方法で火傷を防ぐことが出来ますよ。

黒いイボやホクロにケノンを使う方法!

まず用意するものは、用意するものは絆創膏テーピングなどカバーできるものです。

◆手順

  1. 絆創膏をイボの大きさより気持ち大きめにカット
  2. イボ・ホクロの上に張り付ける
  3. いつも通りにケノンで脱毛

とても簡単ですね!

こうすることで火傷することもなく、イボやホクロの上から照射することが出来ます。

もちろん黒いイボだけでなく、色が変化していないイボでも使って問題ありません。

心配な人はこの方法でやってみてくださいね。

今回は絆創膏で説明しましたが、テーピングなどカバーできるものならなんでも大丈夫です。

光を遮ることが出来るものがあればそれで代用しても構いません。 

ケノンの美顔機能はイボ予防になる?

ケノンはカートリッジは取り外しが出来るのはご存知でしょうか?

その種類は5つもあり、その中に美顔カートリッジというものがあります。 

https://www.xn--u9j531khgk1zib6o0sm1rg.com/archives/2256

これは脱毛用ではなく、美顔になるためのスキンケア用カートリッジとなっています。

これを使うことでシミが減りイボが出来にくくなるんです。

口コミを見ても、効果が絶大と高評価なものが多かったので、このカートリッジの実力はホンモノですね!

個人的な感想もあると思うので確実とは言えませんが、もしイボが出来やすい人ならば試してみる価値はありそうですね。 

まとめ

  1. 色が変わっていないイボは直接照射してOK!黒いイボは直接照射NG!
  2. 無理に直接照射すると火傷や痛みが出る可能性がある
  3. 黒いイボ・ホクロに照射する場合は、光を遮断できるもの(絆創膏が一番簡単でベスト)で覆うことで照射可能
  4. 美顔カートリッジで照射することでイボが出来にくくなる

ケノンを正しく使用して、楽しく素敵な脱毛ライフを送ってくださいね!

→【公式サイト】ケノンの最安値28%OFFはこちら

男性ユーザー550×300

-ケノン知恵袋

Copyright© 20代の剛毛男がケノンの効果を語るブログ , 2018 All Rights Reserved.