ケノン知恵袋

ケノンを毛が生えたまま使う4つのデメリットとは!?

更新日:

→【公式サイト】ケノンの最安値28%OFFはこちら

『ケノンって剃らずに毛が生えたまま使っても効果はあるの?』

説明書には照射する前にカミソリで剃ってから使うようにと書いてあります。

しかし!

  • 「剃ってからだと一旦ツルツルになってしまうからなんか嫌」
  • 「いちいち剃るのが面倒臭い」

どうせあなたはこうゆう風に思っているんでしょう!

僕もそう思っていたので気持ちはよくわかります。

今回はそんなわがままボーイズ&ガールズに向けて解説してきます!

ケノンは毛が生えたままでも効果はあるのか!?

今回もさっそく本題です。

剃らずに照射しても、一応効果はあります。

「一応ってどうゆうことやねん!詳しく教えんかい!」

剃らずにケノンを照射しても効果はあるんですが、デメリットというかオススメしない理由があります。

剃らずにケノンを使う4つのデメリットとは?

毛を剃らずに長いまま脱毛してしまうとどうなるんでしょうか?

僕は毛が生えたまま使ったこともあります。

その経験から感じた4つのデメリットを紹介していきます。

1.焦げ臭い

ケノンは一瞬だけ光(熱)を毛(黒い部分)にダメージを与えることで、徐々に毛を生えにくくさせます。

つまり、毛に対して熱攻撃をしているわけです。

その為、毛が長ければ長いほどたくさん焦げて、焦げた臭いもきつくなります。

2.効果が半減する

毛が長ければ長いほど、焦げた臭いがするだけではありません。

効果も半減してしまいます。

どういう事かというと、

毛が生えたままだとケノンが照射した光(熱)を余分な毛が吸収してしまいます。だから焦げるわけです。

生えている毛ではなく、毛根にダメージを与えて効果が出るというメカニズムなので、せっかく照射しても余分な毛に光(熱)を奪われると効果が半減してしまうんです。

ブラックホールが光を吸収するのと同じ原理だと思います(笑)

3.カートリッジが汚れる

上の画像のようにカートリッジが汚れやすくなってしまいます。

照射した毛の焦げが、カートリッジに着いてしまうんですね。

剃ってから照射しても全く汚れないわけではありませんが、毛が生えたまま使うとすぐカートリッジが汚れてしまいます。

しかもこの汚れは普通に拭いてもなかなか落ちない頑固さです。

4.毛がちんちくりんになる

4つ目は毛がチリチリになります。東野幸治2~4人分ほどのチリチリになります。

あなたがイメージしているその通りになります。

剃ってからやるに越した事はない!

以上が、毛が生えたままケノンで脱毛するデメリットでした。

では、ケノンを使うベストのタイミングとはいつなんでしょうか?

説明書には書いていない!ケノンの効果的に使い方とは!?』には詳しく書いていますが、ここでも解説していきますね。

ケノンを使うベストタイミングとは?

基本的には1ミリ程度生えている状態がしっかりと毛根にダメージを与えることができて効果的な方法と言われています。

剃ってからだいたい2,3日後くらいですかね?

さっきも解説したように長いほど、照射の効率は下がりますからね。

でも、剃った直後でも大丈夫!

がしかし!

「早く脱毛したいねん!」という方もいますよね?(笑)

僕もそうです。

要は深剃りしすぎなければいいわけです。毛先が若干出てるのが理想的なわけですよね?

そこで僕は考えました!

電気シェーバーのトリマーで剃ればいいと!こうすれば綺麗に剃りすぎるいう事はありません。つまり1ミリ程度残った良い感じの状態になります!

※ちなみにカミソリで剃った直後でも効果は普通にありました。でも、電気シェーバーのトリマーでやった方が僕は効果的だったと思います。

あと髭に関しても同じですが、髭ではこんなことできないと思いますので、すこし伸びてからしましょう!

https://www.xn--u9j531khgk1zib6o0sm1rg.com/archives/3086

まとめ

ケノンは毛が生えたままで効果はゼロではありませんが、

  1. 焦げ臭い
  2. カートリッジが汚れる
  3. 効果が半減する
  4. 毛がチリチリになる

という事は頭に入れておきましょう!

僕はいろんな使い方を試してみましたが、結局は剃ってからやるのが一番無難です。

以上!

→【公式サイト】ケノンの最安値28%OFFはこちら

男性ユーザー550×300

-ケノン知恵袋

Copyright© 20代の剛毛男がケノンの効果を語るブログ , 2018 All Rights Reserved.